サブコンテンツ

合同会社M&S(M&S LLC)の口コミと評判

サイトの詳細情報

合同会社M&S(M&S LLC)
URL:https://ms-llc.net/
合同会社M&S(M&S LLC)
運営会社:合同会社M&S(M&S LLC)
運営責任者:内藤 昌弘
電話番号:03-3517-2601
メールアドレス:記載なし
【サイトの特徴】
自己資金を主体としたプリンシパル投資を行う独立系のファミリーオフィス

金融商品取引法第37条に基づく表示

金融商品取引業者名:記載なし
登録番号:記載なし
加入協会:記載なし

管理人によるサイトの印象

合同会社M&S(M&S LLC)の目的

強く意志ある投資で、世界経済にインパクトを与える事を目指している様です。

金融やコンサルティング業界のみならず、様々な業界で経験を積んできたプロフェッショナルで構成されているそうで、日本におけるアクティビスト投資の先駆けとして積極的な議決権行使を行い、企業価値の向上を目的とした投資活動を行っているとの事。

・投資先企業の手掛けている事業の優位性や将来性、保有資産の算定を徹底して行い、企業本来の理論価値を算出する
・理論価値と現在の企業価値に大きな開きがある場合、それを「市場の乖離」として捉え、株主権利を行使する事によって乖離を失くし、本来の理論価値に近付ける事で企業価値の向上を実現する

等の目的で、現在、

・株式会社三東工業社
・神田通信機株式会社
・株式会社赤阪鐵工所
・大井電気株式会社

に投資を行っているみたいですね。

これらの投資先と合同会社M&S(M&S LLC)、双方で利害関係が一致しているとすれば、画期的な取り組みかもしれません。

事業内容

1.M&Aアドバイザリー業務
2.経営コンサルティング業務
3.有価証券の保有、運用及び投資業務
4.前各号に附帯または関連する一切の業務

投資方針

(中長期的な投資)
個別銘柄については徹底したリサーチ活動を継続し、割安と判断される銘柄を中心にポートフォリオを構築する。
運用成果の目標とするベンチマークは設定せず、又、短期的な成績向上を狙う様な無理な投資を行う事無く中長期的な投資を目指す。

(投資企業への戦略的関与)
企業価値を下回っている日本企業を対象に、バランスシートの再構成を主軸に経営層への財務環境改善及び株価向上を目的とした戦略的な関与によって収益を獲得する。

(積極的な議決権の行使)
投資先企業との対話を踏まえ、より良いコーポレートガバナンスと適切な株主への利益配分実現の為、積極的な議決権行使を行いながら株主価値の最大化を図る。

行動指針

1.世界のマーケットを改革する投資集団を目指す
2.時代の改革者となるべく挑戦を続ける精神
3.徹底したリスク管理
4.透明性を重視した投資活動
5.既存金融モデルや既得権益に立ち向かう姿勢
6.目標や成果を達成する事に強く固執する
7.何事にも主観性を持って取り組む
8.現状に満足せず、常に10歩先を見据える
9.即断即決即実行
10.批判を恐れず信念を貫く

運用実績

2016年4月~6月:+13.60%
2016年7月~9月:+21.30%
2016年10月~12月:+10.36%
2016年年間利回り:+45.26%

2017年1月~3月:+6.30%
2017年4月~6月:+3.51%
2017年7月~9月:+9.91%
2017年10月~12月:+7.34%
2017年年間利回り:+27.06%

2018年1月~2月:+1.57%

合同会社M&S(M&S LLC)のインターネット上での口コミや評判

・2017年10月に香港で開催された「AsiaHedge Awards 2017」のNew Fund of the Yearにノミネートされており、優秀な運用成績が評価されたと言える
・日本株をメインに投資しており、中でも割安銘柄に積極的に投資を行う「バリュー投資」に長けている
・公式サイトで自社情報の開示を積極的に行っているのでかなり信頼性は高いと言える
・資産運用自体を見つめ直す機会になった
・プロ中のプロと出会った気分
・面談し、内容的には少し難しい点もあったが、解約手数料や投資のリスク面についての説明が貰えたので、非常に有意義だった
・担当者は上から目線ではなく、親しみ易かった分、理解も増したと思う
・違法か合法かと言われれば合法だが、「合同会社の社員権購入」という投資方法に疑義を感じてしまう

などが確認出来ました。

ヘッジファンド・投資信託ランキングなどで高い評価を受けている様ですが、それぞれのランキングサイトで付けられている点数などはあくまで独自の判断だという点に注意が必要です。

サイトを一通り見ての感想

ヘッジファンド・投資信託ランキングで上位になっているという事で、まず金融商品取引業者かどうか調べてみたところ、金融商品取引業者登録一覧を見ても合同会社M&S(M&S LLC)の名称は確認出来ません

もし無登録でファンドへの出資を勧誘・募集していた場合、当然金融商品取引法違反となる訳ですが、この処分を受けていないという事は、違法ではない独自の手法で利用者に運用益をもたらそうと考えているのでしょう。

「問い合わせ・資料請求」のページには「出資予定額」という言葉も見受けられ、詳細が気になります。

上述した通り、ネット上の口コミでは「合同会社の社員権購入」という形態が採られている様ですが、一体どの様な仕組みになっているのか…!?

この形態については、グレーゾーンと捉える人もいるかもしれませんね。

今後金融庁がどの様な対応を取っていくのか注目しつつ、金融商品取引業者の認可を受ければ自ずと合同会社M&S(M&S LLC)の信頼性が高くなると思いまし、一考してみては?と感じてしまうのは余計なお世話か…

実績が申し分無いだけに、「怪しい」などと噂が立ってしまうのは本意ではないはず。

口コミから評判を確認

利用した事があるという方は下記のコメント欄より、利益を出す事ができたのか?

それとも損をしてしまったのか?

実際に利用してみての合同会社M&S(M&S LLC)の口コミの記入をお願いします。

皆様の口コミにより儲かるサイトなのかそうではないのかを判定していきます。

4 Responses to “合同会社M&S(M&S LLC)の口コミと評判”

  1. さくら より:

    合同会社M&Sが、詐欺だとネット界隈で騒がれてますが大丈夫なんでしょうか
    内藤昌弘の合同会社M&Sは詐欺かもしれない
    中島康善にも気をつけろ

  2. 匿名 より:

    ここのトップはグリーンメーラーで有名なクラッシーファンドの片野だよ。合同会社M&Sの代表の内藤昌弘は片野の手下。他の連中も皆、片野の手下。片野はインサイダー取引ギリギリの取引でSFCと金融庁からがっつりマークされたため、新たに内藤を代表に据えて活動を再開。こことガチで取引したいやつは、片野と話させてくれって言ったらいいよ

  3. 匿名 より:

    M&Sのセミナー参加者曰く
    ファンドマネージャーは林和正とかいう奴らしい。
    アセマネ界隈ではこんな名前は聞いた事ないが。
    こいつの身元も現在捜索中。
    一部の情報でらく内藤昌弘と林和正を検察が調査中との事。
    情報持ってるかた、いましたら教えてください。
    合同会社M&Sの中島康善はキャロライナでも同じ名前で営業をしていました。合同会社M&Sでもキャロライナでも同様に金融庁への登録のない無登録な社員権の販売の勧誘を受けました。手元に名刺が残っているので間違いないです。
    中島康善はカネ集めの前線である可能性は高いと思います。

  4. ちり より:

    金融庁に問い合わせをしたところ、登録がない状態で個人から資金を集める業者は例外なく全て無登録業者であり、合同会社M&Sも無登録業者ですとの事です。

コメントを残す

このページの先頭へ