循環物色アナライザーを口コミ&評判と独自調査から正しく評価する

サイトの詳細情報

循環物色アナライザー
URL:http://junkan-toushi.com/
循環物色アナライザー TOP
運営会社:株式会社ブライトエース
運営責任者:草場 大介
電話番号:03-5315-0745
メールアドレス:info@junkan-toushi.com
【ソフトの特徴】
独自開発によるAIを搭載した株式投資ソフトウェア。最新の技術で買うべき期待の銘柄を瞬時に分析する。

金融商品取引法第37条に基づく表示

金融商品取引業者名:記載なし
登録番号:記載なし
加入協会:記載なし

管理人によるサイトの印象

循環物色アナライザーについて、独自の技術で開発されたAIが、国内の3,700以上にも及ぶ銘柄のデータと統計学をもとにして、これから注目を集める銘柄タイプを予測し、その予測されたデータから今買うべき個別銘柄を選定する株式投資ソフトウェア(銘柄選定ロボ)だと紹介されていました。

端的には、循環物色アナライザーは株式投資ツールの1つだと言える訳ですが、AI・人工知能が搭載されたツールである事が大きなポイントになるでしょう。

上記の“これから注目を集める銘柄タイプ”とは、具体的に何を指すのか!?

取り上げているのは、

(バリュー株)
売り上げや利益の成長がさほど期待出来ないなどの理由から、現時点の株価が本来の企業価値を考慮した水準に比べて安いと考えられる銘柄の事を指し、「割安株」とも呼ばれている。

(グロース株)
企業の経営戦略や事業展開、その企業が狙うマーケットの成長性などから判断して、今後も持続的に大きく成長する事が期待される銘柄の事を指し、「成長株」とも呼ばれている。

(ディフェンシブ株)
景気の変動を受けにくく、安定した値動きとなり易い銘柄の事を指し、生活必需品である食品や医薬品、社会インフラである電力・ガスや鉄道、通信といった業種が分類される銘柄群が該当する。

(テーマ株)
注目される新技術や社会問題に関係するものなど多岐に渡る。
ある材料で1つの銘柄が急騰すると、それに関連する銘柄が活発に取引される様になり、関連する銘柄も含めて値上がりする傾向にある。
又、値上がりする銘柄は必ずしも同業種という訳ではなく、一定のテーマに関連するという特徴がある。
更に、それぞれの企業の業績や市場は関係無く、期待値のみで急騰する事もあり、それらの要素を基に、個人投資家が独力で「期待の出来る銘柄」を見つけ出す事は簡単ではない。

(材料株)
新製品や新技術の開発などをきっかけにして人気を集めている銘柄の事を指している。
業績拡大に直結するかどうか明確でない材料の場合も多く、一般的に相場が低迷している様な時には、材料株が人気になる事もあると言われている。
ただし、業績の裏付けが無い株価の上昇は長続きしない可能性が高い為、個人投資家が取り扱う際には注意が必要とも言われている。

といった5種類のタイプの銘柄です。

これらを、

[トレンドフォロー(順張り)]
相場の上昇局面で買い、下落局面で売るというシンプルな投資手法。
「みんなが買っているから自分も買う」という相場の流れに乗る手法で、上手く相場のトレンドに乗る事で成功に近付く。

[リターンリバーサル(逆張り)]
相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法。
株価が適正水準よりも大きく下落した時に買いを入れて、反発したところで売るという様な、一見、相場の大きな流れに逆らって動く様な投資スタンス。

[空売り]
本来はネガティブな下落局面を、チャンスに変える事が出来る投資手法。
これから下降トレンドを迎える銘柄をいかに見極められるかが重要なポイント。
一般的には株価は上昇するスピード以上に下落するスピードが早いと言われている為、個人投資家もある程度のレベルになると「買い」よりも「空売り」の方が、短期間での利益を獲得し易いという認識を持つ傾向がある。

という3種類の投資手法から瞬時に分析・抽出してくれるという機能が、循環物色アナライザーの大きな強みである事は間違いありません。

各銘柄には「上昇期待値」や「利確までの期間」など様々な特徴がありますが、どのタイプの銘柄でも買いが集中するタイミングは循環していますので、“買うべきタイミング”さえ逃さなければ、理論的にはいつでも利益の獲得は可能です。

ただ、時間的にも労力的にも、手動で3,700もの銘柄データを網羅できるはずはなく、この手間が“約9割の投資家が株式投資で利益を獲得出来ない”要因となっているのは言うまでもないでしょう。

この要因を循環物色アナライザーが取り払ってくれるとしたら?

  • 将来の貯蓄の為に株式投資をはじめたいが、知識を持ち合わせていない
  • 株式投資について学んで色々な知識を得てきたが、それでも利益を得られない
  • 株式投資情報サイトや投資顧問会社を利用してきたが、損失が出ている

などの思考・経験がある人は、循環物色アナライザーを試してみるのもアリだと思います。

尚、循環物色アナライザーはあくまで株式投資ツールですので、利用したからといってすぐに株式投資スキルが身に付く様な事は無いと思いますが、いつどのタイミングで各銘柄が抽出されるのか知る事で、今後の銘柄分析に役立ってくるでしょう。

循環物色アナライザーの無料サービス

循環物色アナライザーのサイト内を見て気付いた人もいると思いますが、メールアドレスを入力するフォーマットが用意されていました。

このフォーマットにメールアドレスを入力してプロフィールを設定する事で、循環物色アナライザーの無料版を体験する事が可能となっています。

いわゆる会員登録と同じ仕様となっていて、会員専用のページを開くと無料版の循環物色アナライザーが抽出したピックアップ銘柄が表示さるので、循環物色アナライザーの分析精度を一部知る事が出来るでしょう。

無料版ピックアップ銘柄は、

  • 証券コード
  • 前日終値
  • 前日出来高
  • 出来高信用倍率
  • 時価総額

を確認出来ますので、気になった人は無料体験を申し込んでみても良いと思います。

循環物色アナライザーの製品一覧(単発商品)

【投資戦略:RR】
(価格)
50,000円
(利用期限)
初回起動から1週間
(抽出銘柄数)
最大20銘柄
(ピックアップ銘柄数)
1銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
何を基準に株価を評価して売買するのかが鍵になる投資手法に対して、【投資戦略:RR】では、AIがその時最もリターンリバーサル投資に適切だと判断した銘柄を抽出する。

【投資戦略:DTF】
(価格)
150,000円
(利用期限)
初回起動から1週間
(抽出銘柄数)
最大20銘柄
(ピックアップ銘柄数)
2銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【投資戦略:DTF】では、ディフェンシブ銘柄とトレンドフォロー(順張り)に適した銘柄、2種類のタイプの銘柄の抽出が可能となっている。
本製品では防御的という名前の通り、値動きも安定している銘柄をAIが抽出する。
上昇トレンドを見極める事が成功の鍵になる手法の為、【投資戦略:DTF】ではそういった観点を持ってAIがトレンドフォローに適した銘柄を抽出する。

【投資戦略:空売り】
(価格)
200,000円
(利用期限)
初回起動から1週間
(抽出銘柄数)
最大20銘柄
(ピックアップ銘柄数)
2銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【投資戦略:空売り】では、空売りを目的として下落が想定される銘柄の抽出が可能となっている。
国内3,700以上の銘柄から「次に下降トレンドを迎える銘柄」を予測し、その中でも適切と判断した銘柄をAIが抽出する。

【投資戦略:材料株】
(価格)
500,000円
(利用期限)
初回起動から1週間
(抽出銘柄数)
最大20銘柄
(ピックアップ銘柄数)
2銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【投資戦略:材料株】では、インプットされた全ての銘柄の業績や株価の推移を基に、「材料株」として期待が出来る銘柄を抽出する。
個人投資家が「材料株」なのか「悪材料」なのかを悩む場面であったとしても、【投資戦略:材料株】のAIであれば、過去の傾向等々を基に適切に判断が出来た銘柄を抽出する。

上記の通り、循環物色アナライザーは単発商品として、それぞれ「逆張り」「順張り」「空売り」「材料株」に特化した4タイプの製品を用意していました。

いずれも抽出銘柄数は最大20銘柄で、1~2銘柄をピックアップ銘柄として抽出すると掲載されていますね。

利用期限は初回起動から1週間となっている事から、短期的な投資で利益の獲得を目指している様子が窺えます。

好みのタイプの銘柄で製品を選択出来るという部分が、単発商品の大きなメリットでしょう。

“まずは循環物色アナライザーの実力を知りたい””早めに利確しておきたい””都度投資する銘柄のタイプを変更したい”などと考えている投資家たちにとって、比較的利用しやすい製品だと感じました。

循環物色アナライザーの製品一覧(期間契約商品)

【循環戦略36】
(価格)
4週間:200,000円
(提供銘柄範囲)
バリュー&グロース&ディフェンシブ銘柄
(利用期限)
初回起動から4週間
(抽出銘柄数)
最大50銘柄
(ピックアップ銘柄数)
3銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【循環戦略36】では4週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」の3種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出する。
この2種類に加えて、「ディフェンシブ株」も抽出範囲に加え、現状のサイクルの把握と「次に来るサイクル」の予測をAIが行い、注目すべき銘柄を抽出する。

【循環戦略46】
(価格)
4週間:400,000円
12週間:800,000円
24週間:1,200,000円
(提供銘柄範囲)
バリュー&グロース&ディフェンシブ銘柄&空売り
(利用期限)
初回起動から最短4週間、最長24週間
(抽出銘柄数)
最大50銘柄
(ピックアップ銘柄数)
3銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【循環戦略46】では最大24週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」という4種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出する。
「バリュー株」、「グロース株」、「ディフェンシブ株」の3タイプを網羅。
【循環戦略46】では、3種類のタイプに加えて「攻め」の手法でもある「空売り」に適した銘柄も網羅した上で最適な銘柄を抽出する。
「バリュー」や「グロース」で上昇トレンドを抑え、「空売り」で下降トレンドも把握する。
更には「安定」の為の「ディフェンシブ」も取り扱う事で、株式投資におけるベースを盤石のものと出来る製品だと自信を持って案内する。

【循環戦略56】
(価格)
4週間:800,000円
12週間:1,600,000円
24週間:2,400,000円
(提供銘柄範囲)
バリュー&グロース&ディフェンシブ銘柄&空売り&テーマ
(利用期限)
初回起動から最短4週間、最長24週間
(抽出銘柄数)
最大50銘柄
(ピックアップ銘柄数)
2銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【循環戦略56】では最大24週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」そして「テーマ」という5種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断出来た銘柄を抽出する。
本製品は、【循環戦略46】で可能な「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」の4ジャンルは当然抽出可能。
4タイプに加え、株式投資の中でも特に大きな値上がりをする傾向がある「テーマ株」も網羅している。
本製品では上記の様な「テーマ」における想定の難しい要素も含めて、AIが分析を行い「適切」だと判断した銘柄を抽出する。
網羅している情報の範囲について、弊社製品の中でトップクラスの【循環戦略56】。
他の製品との違いを、全5種類のタイプの銘柄を用いて皆様に届ける。

【循環戦略66】
(価格)
4週間:1,200,000円
12週間:2,400,000円
24週間:3,600,000円
(提供銘柄範囲)
バリュー&グロース&ディフェンシブ銘柄&テーマ&空売り&材料株
(利用期限)
初回起動から最短4週間、最長24週間
(抽出銘柄数)
最大50銘柄
(ピックアップ銘柄数)
2銘柄
(配送時期)
着金確認が完了後、最大4日
(製品の説明)
【循環戦略66】は、最大24週間の利用期限の中で、「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」「空売り」「テーマ」「材料株」と、全6種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断した銘柄を抽出する。
他の製品がそれぞれ個別に持つ特性を全て備えており、自信を持って「弊社製品の最高ランク」と断言出来る仕様となっている。
「バリュー株」や「グロース株」、そして「ディフェンシブ株」についてを、【循環戦略36】以上の品質で抽出。
【循環戦略46】以上に短期間での利益獲得を望む為の「空売り」銘柄も予測。
更には「テーマ株」「材料株」といった大きな値動きと高い利益率を望めるタイプも、「その他製品」では不可能だった範囲まで計測・分析・シミュレートを行い、個別銘柄を抽出する。
【循環戦略66】では、弊社が考える株式市場の全てのサイクルで「最適」とAIが判断した個別銘柄を抽出する。

上記の通り、循環物色アナライザーは期間契約商品として、提供銘柄範囲の異なる4タイプの製品を用意しています。

いずれも「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」の3タイプに対応しつつ、あとは「テーマ」「空売り」「材料株」も提供銘柄範囲に含まれるかどうかというところで製品が細分化されていました。

抽出銘柄数は最大50銘柄で、2~3銘柄をピックアップ銘柄数として抽出。

利用期限は初回起動から4~24週間となっている事から、中・長期的な投資で利益の獲得を目指している様子が窺えるのでは!?

契約期間から考えても、”一時的な株価の上下動ではなく、より長い目で株価の推移を検証したい”と考えている投資家に好まれる製品でしょう。

単発商品よりも抽出する銘柄数が多く、色々なタイプの銘柄で、よりリスクを抑えたポートフォリオを構築出来るという部分が、期間契約商品の大きなメリットだと思います。

循環物色アナライザーのインターネット上での口コミや評判

循環物色アナライザーについて、口コミをネット検索してみたところ、

  • 体験版でここまで当たるとは思ってもみなかった
  • 色々な株式投資ツールを探してきたが、循環物色アナライザーの無料体験版も有料版の循環戦略36も、勝率の高さに驚かされた
  • このAIシステムを使えば、大勝ち出来なくても負ける事は無い
  • 公開された銘柄の利確が続いていて、利幅はそこそこでも勝率が高いので安心して使える
  • 分析し易いテクニカルや決算間近の企業ならまだしも、水面下で進行するIRを先読み出来るとは思わなかった
  • 体験版を参考にしたら、2銘柄で利確出来た
  • 体験版と有料版では搭載されているAIのスペックが違ってるみたいで、有料版のスクリーニング銘柄の勝率はハンパない
  • 損切りするよりも、利確する確率の方が高かった
  • 期間契約商品の循環戦略66と単発商品の材料株を利用しているが、一発で大きく儲ける銘柄も狙いつつ、手堅く利確する銘柄も持ちつつでバランスが取れてオススメ
  • 自分で分析するよりも圧倒的に時間と労力が減って、正確性が向上する
  • 体験版で気になった銘柄を買ってみたら、すぐに含み益になった
  • 今までに経験した事が無いタイミングで仕込みや利確が出来る様になった
  • 体験版で利確出来た事もあって有料版を購入したが、有料版の利幅が大きくて驚いた
  • 最初から想像以上の結果が出たので、信頼しても良い株のツールだと思った
  • 無料版に申し込んだら、沢山の銘柄が表示されて驚いた
  • 無料版は、東証一部からマザーズまで、色々な銘柄が公開される
  • まさか材料株までスクリーニングしてくれるとは思わなかった
  • 市場もセクターも様々なので、銘柄選定に役立つ
  • 30年のトレード歴があるが、このツールが選定する銘柄に投資する方が効率が良く、利益も回収出来る
  • これまで自分が見てきた指標はごく一部分だけだったんだと痛感してしまう

など、高く評価する口コミが数多く見受けられました。

まだそこまで多くの口コミが集まっている状況ではないので、定期的に口コミをチェックしておいた方が良いでしょう。

口コミから評判を確認

利用した事があるという方は下記のコメント欄より、利益を出す事が出来たのか?

それとも損失が出てしまったのか?

実際に利用してみての循環物色アナライザーの口コミの記入をお願いします。

皆様の口コミにより、儲かるソフトなのかそうではないのかを判定していきます。